家庭教師トップ

家庭教師について知ろう!

塾との比較

 

一般的に塾には学校と同じくカリキュラムというものが存在し、一回の授業で扱うべき内容はきっちりと決まっていて生徒も必然的にそのカリキュラムに沿って授業を受けなくてはなりませんが、生徒の中には理解が遅い子もいます。塾の教師もそのことに当然気づいてはいるのですが、すでに理解している子のことも考えなくてはなりません。よって、どうしてもクラスの3分の2、もしくは半分くらいの子が理解できたところで次の項目へ進むという方式をとっています。そうでなければ、カリキュラム通りに進行することができなくなってしまうからです。理解の遅いお子さんは自分の納得のいくまで良く考える生徒さんや、頭から「わからない」と思い込んでいるお子さんが多いのですが、そのような生徒さんでも、教師が根気よく説明し生徒に一回理解させてあげれば、次からは問題を解くことができるのです。そして場合によっては、理解が早い生徒よりゆっくりと納得するまで考えた生徒の方がテストでは高得点を取ることもあるのです。塾の中には授業についてこれない生徒のために、個別指導という形で補習を実施している塾も数多くあります。小学校受験のICEを利用しているところも多いようです。

 

家庭教師の場合、この問題はクリアされており、生徒と二人だけでゆっくりと説明してあげることができるので、生徒がわからない個所については根気よく付き合うことができます。しかし、メリットだけではなく、家庭教師の場合にはカリキュラムがありません。授業の進行はすべて教師の裁量によって決まります。よって、授業がなかなか進まない、成果が得点となって反映されるまでに時間がかかるといったデメリットもあることを覚えておきましょう。

 

また、塾の講師は、大勢の生徒の前で講義をしなくてはいけない、そして塾にもよりますが、講師として教壇に立つためには何十時間にも及ぶ研修や模擬授業などを経てというハードルがあります。一般的に塾講師の給与が家庭教師の給与よりも高いのも、塾講師には高い指導力が求められるからといえます。では、家庭教師の場合はどうでしょうか。家庭教師の場合にも、派遣会社から派遣される場合には研修を受けてから派遣される場合も多いですが、家庭教師の場合には多くが大学の学生であるため指導力が不足している場合がないとはいえません。しかし、大学生ということで生徒と比較的に年齢も近く、生徒の悩み等もわかってあげられることが多く、そのことが学力アップに繋がることが少なくありません。また家庭教師の中にもプロの家庭教師という人たちがいます。この人たちは塾の講師経験者や何十年と家庭教師として実績を積んでいる教師で、一般的に時給は高いですが、その分、指導力は高いといえます。


塾の場合には、同学年の生徒たちと団体で授業を受けることになるため、まわりからの刺激を受けながら勉強していくことになり、学習意欲を維持しやすい環境にあると言えるかもしれません。その点でいえば、家庭教師の場合には、生徒にはライバルとなるまわりが居らず、塾内テストで順位を争うこともありません。いわば、教師と二人三脚で学習を進めていくことになることから、学習意欲が薄れていく可能性もあります。学習意欲を維持するためには、明確な目標設定や教師の高い指導力が必要となります。

注目サイト

「お客様の想いをカタチに」。

クラスTシャツ

LEDライトやイルミネーションの販売をしています。

作業灯

ママに人気のおしゃれなベビーサークルを販売しています。

ベビーサークル 通販

最終更新日:2017/5/19