家庭教師トップ

家庭教師について知ろう!

授業料

 

家庭教師授業料は、生徒さんの学年、希望する学校、教師の経験年数や実績によって決まります。家庭教師を依頼する際に必要となる料金とはいくらぐらいなのかを見ていきます。

 

まず、学年が高くなるほど授業料は高くなります。特に、受験生の場合は、他の学年より高額に設定されていることが多いです。
中でももっとも家庭教師の力量が問われる中学受験は特に高額となっているように思います。中学受験を希望する生徒を指導する教師には、中学受験の経験者もしくは有名中学出身者を希望する方が多い傾向になります。とすると、そのような教師は希少でで教師の売り手市場になっていますので、どうしても授業料が高めになります。また、中学受験に限らず受験生を指導する場合には、教師の責任や負担が増えます。また、受験生の指導には新人の教師ではなく、ある程度実績のある教師を派遣する方針の家庭教師派遣会社もあります。その分、受験生の指導料は高くなっていると思われます。

 

テキスト代

 

家庭教師派遣会社の中には、その会社が指定するテキストを使って授業を進めていく会社もあり、そのような場合にはテキストを購入する必要がある場合もあります。また、教師の個人契約等の場合でも、市販のテキストや参考書を使いたいという教師もいます。その場合にも、子供と教師の分のテキスト代を負担しなくてはならないでしょう。

 

 

入会金、紹介料

 

家庭教師派遣会社の中には、入会金が必要な会社もあります。また、教師との個人契約を斡旋している会社の中にも紹介料を払わなくては成らない場合もあります。どちらにしても、家庭教師を依頼する場合に入会金の有無、授業料、テキスト代の有無など聞いておくことが肝心です。



check


ガスに関するご相談なら巴へ

最終更新日:2017/7/21